基本的なレイアウト構造を知ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
ネットで稼ぐための実践講座年間30,000円稼げる!「LV1 ネットで稼ぐための第一歩」へ
この記事の所要時間: 454

このページではSEO的に有利なレイアウト構造についてお話します。

前回「SEO効果の高い無料wordpressテーマを紹介」でもお話したように、WordPressでは、テンプレートを利用することで、簡単にブログを作ることができます。
このサイトはSimplicityで作っています。

あくまでもホームページのデザインや構造を考える上で重要なのはユーザビリティです。
綺麗なデザインよりは、使い勝手の良いデザインを選んでいきましょう。

無料テンプレートを選ぶ時のコツは、

  • SEOに強い
  • スマホに対応済みのレスポンシブ対応
  • カスタマイズがしやすい

なぜ優秀なのかレイアウト構造の基本から考えていきましょう。

レイアウトの構造

一般にホームページのレイアウト構造は

  • ヘッダー
  • コンテンツ
  • メニュー
  • フッター

の4つの部位で構成されています。

それぞれの部位をHTMLタグのDIV要素・idセレクタで構成しCSSで回りこみをしながら
作っていきます。
layout

ヘッダーは上部にフッターは下部に
コンテンツとサイドバーは中央に並列に設定ます。

多くのサイトでは、コンテンツが左側に設置されています。

これはHTMLのプログラムの読み込みの順番が

  1. ヘッダー
  2. コンテンツ
  3. メニュー
  4. フッター

の順番になるからです。

これはHTMLの文法が左側から順番に読み取れていくからです。
検索エンジンが先に書いてある情報を有力視するからです。

  1. ヘッダー
  2. メニュー
  3. コンテンツ
  4. フッター

と、メニューとコンテンツが逆に記述されている無料テンプレートも存在するので注意が必要です。

<各分野の役割>

ヘッダー
サイトのロゴ、タイトル、h1タグを使うところ
コンテンツ
本文、コンテンツ、アフィリエイト
メニュー
注目コンテンツ、カテゴリーページ
フッター
サイトのタイトル、相互リンク集

ヘッダーやメニュー、フッターなどは駆使して
ユーザビリティを高めて、ユーザーにサイトを見てもらえるようにしましょう。

トップページはある程度作りこまないとなかなかできませんので
記事を10ページから30ページくらい作ると
トップページの方向性が見えてきます。

注目コンテンツを完成させた時はヘッダーやメニューを利用することで
注目コンテンツに移動できるように工夫します。

ページの色が明る目の色が良いとされていますが、
どの色がわからない時は青系の色が良いと言われています。

YahooやGoogleなどは基本青系になっているようです。

レイアウトについては他のコンテンツを参考にすると良いでしょう。
複数のサイトを見ることをおすすめします。

パンくずリスト

無料テンプレート探しの次のポイントはパンくずリストがコンテンツの上部に設置してあるかどうかが見極めのポイントです。

パンくずリストというのは
パンくずリスト
これです。
当ペジでも左上に表示されています。

このパンくずリストは、そのページがどこの分野に属しているかを示しています。
これは、ユーザーにも優しくわかりやすいですよね。
同じように検索エンジンにも優しいユーザビリティとなるのです。

ユーザーにも優しいわかりやすい構造

  • ページの最上部や最下部に前ページ、次ページを作る
  • ページに関連するコンテンツのリンクを貼る
  • ページの下部にページトップに戻るためのリンクを貼る

WordPressやCMSを利用すれば、このようなユーザーにもわかりやすい構造が
自動で挿入されるためにSEO的にも有利だと言われるところです。

また、サイト内に滞在してくれている時間をネット上では直帰率と呼びます。
この直帰率を下げることにつながります。

コンテンツの背景は白、文字は黒が基本的です。

文字を強調したいときはstrongタグをすることが推奨されています。

文字の大きさや行間などは基本的にCSSで決定します。

リンクの色は基本的に変更しないほうがおすすめです。
デフォルトのほうがユーザーは安心します。

他、CSSで段落を作ったり、余白を調整したり
大見出し、小見出し(h1,h2,h3タグ)をうまく見合わせてユーザーの方が見やすいように
ホームページを作っていきます。

カテゴリーページ

ユーザビリティと検索エンジンのクローラーからも見やすくするため
全ページにはトップページから2クリック以内でページにたどり付けることが大切です。

ある程度記事がまとまってきたら、トップページからのリンクをしていきましょう。

CMSのテンプレートでは予め組み込まれている場合が多いです。

トップページ

カテゴリページ

各コンテンツ

これらのページの他にもサイトマップ、Google用のサイトマップ
更新履歴のページを用意しておくとユーザビリティにも優しいサイトになります。

まとめ

ホームページのレイアウト構造についてお話してきましたが
これはHTMLをベタ打ちしてホームページを作る時も同じです。

私はWordPressでホームページを作成していますが
無料テンプレートを利用すれば、このページで紹介している機能がもともと付いているのでお得なのです。

デメリットも有ります。
そもそも、無料テンプレートなのでHTML構造が同じテンプレートを使っている人とおなじになってしまいます。
ですから、コンテンツを充実させて行くことがポイントになります。

■ 次ページWordPressに「Simplicity」を入れてみよう

アフィリエイトに戻る

スポンサーリンク

モッピー
モッピー!お金がたまるポイントサイト

2016年も元気なモッピー!ダンゼン稼ぎやすいので、まだ登録していないなら是非登録しておきましょう

ポイントタウン
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

無料で遊べるゲームでポイントが大量に稼げるのはポイントタウンが最高!まだ登録していないなら、登録しておきましょう

ブログじゃ言えない本気で稼ぐためのビックの無料メール講座

儲かる副業ランキング10選

儲かる副業ランキング10選

ネット副業でお金を稼ぐ

ネット副業でお金を稼ぐ

無料メール講座

無料メール講座
「ネット副業でお金を稼ぐ方法」に来られた方は、今以上の生活を求める向上心のつよい素晴らしい方だと思います。そんな方にこそ、無料メール講座を購読して頂き、稼ぐためのヒントを掴んでいただきたいと考えています。私の経験したお金を稼ぐ喜びを実感してみませんか

 当フォームから無料メール講座に登録してくださった方に、プレゼント「成功者と一般人のタイムマネージメントの相違」無料配布中です。

無料メール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

123456789