WordPressに「Simplicity」を入れてみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 229

WordPressでサイトを構築するには、2つの方法があります。
1つ目はレンタルサーバーで用意する「簡単一発インストール」です。
2つ目は手動インストールです。
今回は初心者のかたが対象なので「簡単一発インストール」で説明してみます。

この方法は非常に簡単でクリックひとつで作成できます。

エックスサーバーの管理画面からだと下記の「自動インストール」を選ぶだけです。
まず、ドメイン名を選択⇒「簡単インストール」
WS000486

ミニバードの管理画面では
まず、「簡単インストール」を選択してからドメインを選択

WS000487

いろいろな設定項目が有りますが、ユーザー名だけは後から変更ができないので
初期設定で「admin」と出てくる場合は必ず変更しましょう。

WordPressを「http://あなたのサイト名/」で表示させたいときは「/」(ルート)を選べばOKです。

登録は1分あればできてしまいます。一瞬ですw

これで「http://あなたのサイト名/」で表示できるはずです。

WS000488
こんな感じで表示できたでしょうか

表示されていればOKです。

http://wp-simplicity.com/

続けて無料テンプレート「Simplicity」をダウンロードします。

WS000489

「Simplicity」のダウロードは、
・最新版のダウンロード
・子テーマのダウンロード
の2つとも使用します。

WordPressでは、テンプレートを使用する場合、子テーマでの変更を推奨しています。

これは、親のテンプレート(最新版)をカスタマイズした場合、アップデートによって、カスタマイズした部分がなくなることが有ります。
ですから、親のテンプレートのカスタマイズは行わずに、子テーマでカスタマイズを行うようにしましょう。

子テーマで変更したことは親テーマにも反映される仕組みになっています。

それではダウンロードしてみましょう
Simplicity 開発版
Simplicityの子テーマ

ダウロードしたファイルはzip形式のままでOKです。

WS000490

WS000491

「外観」ー「新規追加」ー「テーマのアップロード」

WS000492

先に「Simplicity 開発版」をインストールしておきます。そして「有効化」しておきましょう。

次に「Simplicityの子テーマ」をインストールし、最終的に「子テーマ」を有効化しておきましょう。

WS000493

このような画面表示なれば無料テンプレート「Simplicity」のテーマをインストールすることができました。

おめでとうございます。

■ 次ページAkismetを有効化してスパム対策

アフィリエイトに戻る

参考サイト
WordPressで行こう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください